宇都宮で知っておきたい口コミや評判が高評価な全身脱毛サロンはココ!

脱毛サロンで押し売りがあった場合の対処法

    

脱毛サロンで押し売りがあった場合の対処法最近の脱毛サロンは押し売りという強引な営業がないと聞きます。
ところがお店やスタッフによってはまだ押し売りのような強引な営業をする場合もあります。
もちろん先方に強く営業している気が無くても、受けての側に立つとやはり強引な勧誘に感じることもあります。
そこでここでは宇都宮の脱毛サロンでの実例をもとに、実際に押し売りがあった場合の対処法についてご紹介します。
なかなか断れない性格だという方も上手に断る方法があるので是非参考にしてください。

脱毛サロンの強引な押し売りというのはまだあるのか?
国民生活センターに寄せられた苦情の中でも脱毛サロンや美容系サロンの苦情は非常に多いと言われていました。
中でも施術自体で肌トラブルになった以外でいうと、強引な勧誘で契約させられたといった高額契約に関するトラブルでした。
社会問題になり、中には訴訟に発展するケースも出てきました。
そうなると美容業界も売り上げが落ちてしまうだけでなく、社会的イメージも損ないます。
そこで押し売りをするような脱毛サロンはかなり減ってきました。
しかし中には強引に押し売りしようとするサロンもあるのが実情です。
どこでどんなサロンが押し売りをするか、ということを端的には伝えられませんが、営業方法には色々意味があるのでそれをご紹介します。

契約させる手段あれこれ

実際に高額契約をしてしまった中には非常に安い100円とか500円というお試しキャンペーンで契約してしまったという方がいます。
もちろん断る気があれば契約を避けることはできるでしょうが、気が弱い方は「お試し施術までさせているのに断りにくい」とか「断りにくい雰囲気になってしまった」ということで契約してしまうケースが後を絶ちません。
キャンペーンは色々なところで口コミされているようですが、中には本当に強く営業しないサロンもあります。
大抵は高額の契約を取り付けるために超低価格のキャンペーンを行っています。
某サロンは「営業しなくても6割程度の方がこの方法で契約する」と言っているくらいです。
強い心臓を持つ方以外はサロンで実際にお試し施術を受けてしまうと契約してしまうようです。
サロンも色々な方法で契約にまで持っていきますので注意したいところです。

強引に契約させられないようにするには?

上の例のようにお試し施術を受けてスタッフから「残念です。今日までのキャンペーンで契約してもらうとさらに10%オフになるんです!」なんて言われてたら契約してしまう方もいるのではないでしょうか。
それこそ強引でなくても押し売りなのですが、気が付きません。
これを避けるには「当日契約しない」というこれだけです。
一旦家に持ち帰って頭を覚ましてから妥当かどうかを決めてから契約します。
実際契約するとかなり高額な料金であることもあります。
それだけ払い続ける覚悟がるかどうか、その点はシビアに見定めたほうがいいでしょう。
それに長期間通うことになった場合、通いきれるかという問題もあります。
また以前別のサロンで勧誘が少し嫌だったとか、今現在フリーターだといったことをカウンセリングシートに書いておくと強く勧誘しないケースもあります。
職業が無職というのも効果的だというコメントがありますが、これはお勧めしません。
というのも本当にそのサロンが気に入った時、本当のことが言えますか?後から会社員でしっかり所得があるからローンを組んで(月額制とはそういうことです)通いたいと考えた場合、スタッフと信頼関係が結べるでしょうか?
そういう意味でも断る時は一旦持ち帰る、その場で決めないというのが一番良い方法です。
また時間がないと告げてさっさと帰ってしまうのも方法です。
そんな断り方ができる人なら、その場で契約しないかもしれませんが無理に引き留めるサロンは最悪です。
いずれにしても契約してしまったら最終手段としてはクーリングオフ制度があります(この制度があるサロンなら問題なし)。
どんな理由があろうとも解約してしまえばいいので、断り切れない気の弱い人はクーリングオフ制度を利用しましょう。