宇都宮で知っておきたい口コミや評判が高評価な全身脱毛サロンはココ!

宇都宮の脱毛サロンの広告宣伝の特徴について

    

宇都宮の脱毛サロンの広告宣伝の特徴について

 

電車や駅の構内、商業施設などのボードで脱毛サロンの広告を見たことはありませんか?実は人が集まる場所や商業施設では年々脱毛サロンの広告が増えています。
これは大手脱毛サロンが広告を増やしているということだけではありません。
実は脱毛サロン自体の人気や最近のネットによる情報によって、店舗が増えて通いやすくなった結果でもあります。
でも宇都宮の脱毛サロンの広告宣伝はどんなかんじなのでしょうか?そこでここではそんな疑問に答えるために宇都宮の脱毛サロンの宣伝広告の特徴についてご紹介します。

 

各種交通機関に表示されている御三家は今時の脱毛サロンの象徴

若い人向け広告として知られているのがミュゼ・脱毛ラボ・銀座カラーです。
この御三家とも呼べる大手脱毛サロンは宇都宮の交通機関や商業施設、フリーペーパーで必ず見かけます。
実はこの御三家は当然宇都宮に出店しており、宇都宮の脱毛激戦区で激しい戦いを繰り広げています。
実はこの3つはイメージとして有名女優・有名タレント・モデルを起用している部分でほとんど変わらないイメージ(素敵な脱毛サロン)を表現しています。
しかし共通しているのは値段の安さと脱毛のしやすさ、超低額なキャンペーンです。
中には100円(または500円)というワンコインで試せる脱毛というものがあります。
またどれも月額制という方法を(または分割で月払い)取っているので、月謝感覚で通えると好評です。
この点もどの宣伝広告を見ても同じです。
ただし注意したいのが例えば100円や500円で試せてもずっとそれで通える訳ではありません。
もちろん中には鉄の心臓で通う方もいるかもしれませんが、多くの方が10万単位(総額で全身脱毛をした場合)の契約をします。
甘い言葉には気を付けよう、ということです。

大人が通う脱毛サロンはなぜかエステティックサロンの香りが残る

上記の御三家と追随するのがTBCやジェイエステのエステティックサロン軍団です。
実はもともとTBCやジェイエステはエステティックサロンとして出発した老舗サロンです。
そのため広告は(若いタレントを使っている場合もありますが)どちらかというサロンテイストです。
宇都宮でも見かけるこれらのサロンの広告宣伝はずばり、大人のエステティックサロンをイメージしています。
上記の御三家が若い女性タレントを起用していることと比較すると圧倒的に大人のイメージです。
脱毛だけに満足しない、美容審美眼にあふれた女性がターゲットになっています。
しかし高級なイメージがある一方、脱毛サロン宣伝は意外とコスパがよく、保湿ケアも優れたものがついています。
この辺りは後発組の脱毛専門サロンに遅れないように商品開発をした結果なのでしょう。
脱毛以外の施術は昔い通り、ある程度の金額がかかりますが、10年前と比較すれば非常にわかりやすく使いやすい料金表示になりました。

地域密着型の宇都宮の脱毛サロンの場合

地域密着型サロンの場合、LiReal(リリアル)宇都宮店を見てみると派手な宣伝広告はしないけれど、過ごしやすく居心地の良い室内や店内がわかります。
また脱毛サロンではめずらしくオーダーメイド施術ができるお店としても知られています。
利用者の肌に合わせて脱毛を実施するスタイルです。
残念なのは大手と比較するとフリーペーパーやクーポンブックでは見かけますがやはり広告の量が少ないので目に留まる確率が低いことです。
しかし大手と同様にしっかりと勧誘なし、返金保証があるといった宣伝がされていました。
値段設定も非常にわかりやすい表現(大きいパーツとか中くらい、小さいパーツといった形で部位ではない)という点も親しみがわきます。
地域密着型や比較的小さいお店でもしっかり広告し、大手と差別化して営業していることがわかります。
どこを選ぶかはお客様次第ですが、どこに行くにしても一度カウンセリング&無料の施術(または低コストのお試し施術)を受けてみることをおすすめします。
そうすれば広告宣伝のイメージだけでなく、実際のイメージがつかめますよ!