宇都宮で知っておきたい口コミや評判が高評価な全身脱毛サロンはココ!

脱毛って痛いって本当?痛みが出やすい部位と対策方法

    

脱毛って痛いって本当?痛みが出やすい部位と対策方法

これから本格的な夏がやってくる今、脱毛をするために多くの女性がサロンへ駆け込んでいます。
7月は特に脱毛サロンは繁忙期となり、駆け込みで脱毛をする人も増えてきます。
ですが、夏はこういった駆け込み脱毛をする人も増えてくることもあって、なかなか予約をとることが難しくなります。
駆け込み脱毛にならないためにも、しっかりと計画的に脱毛をするようにしましょう。
今まで自己処理をしていたという人も、思い切って脱毛サロンで処理をしてみませんか?
今ほとんどの人が自己処理からサロンでの脱毛に切り替えています。
自己処理と言えば、ベーシックなカミソリでの処理や毛抜きといったところでしょうか。
とても簡単に行えるということで選ばれています。
毛抜きで抜いてしまえば、しばらく生えてこないので、脱毛へわざわざ行かなくてもいいでしょうと思っていませんか?
カミソリで処理をした後、ひりひり感を感じたことがあると答える人は多く、その理由はカミソリで肌の表面を削っているからです。
毛抜きで脱毛をすると抜いた場所は赤くなり、毛穴に雑菌が入り込んで炎症を起こします。
色素沈着やシミの原因にもなることがあるので、確かに処理としては簡単ではありますが、おすすめはできません。
脱毛サロンで脱毛をすることはトラブルを回避して安全に脱毛が出来るということです。
そんな脱毛でも痛みが出やすい所があります。
その痛みを感じやすい場所と対策方法について確認をしましょう。

 

全身の中で最も痛みを感じやすい場所とは?

その痛みを感じやすい場所というのはVIOです
特に性器周辺のIラインと肛門周りのOラインは痛みを強く感じてしまうパーツです。

〇痛みを感じてしまう理由
★このデリケートゾーンが痛みを感じやすい理由として1つは太い毛が生えているということです。
サロンで主流となっている脱毛は光脱毛と言い、複数の波長の波長が出る光を当ててムダ毛の成長を止めます。
この光はムダ毛の色素に反応するので、毛が太いとそれだけ光が当たるので痛みを強く感じてしまうので、中にはIライン脱毛をするときに歯を食いしばるほど痛かったという人もいますが、痛みのレベルは人それぞれです。
光脱毛より照射する出力が強いレーザーだとそれくらい強い痛みを感じることはあるかもしれません。
粘膜部分は元々痛みを感じやすい場所ともいわれています。
もし痛みが気になるならサロンの方へ申告をすると照射する出力を弱めてくれます。

〇顔脱毛も痛みを感じます
顔は他の部位より皮膚が薄いです。
施術中チクチクとした痛みがあったという声はありますが、最も痛い場所は眉毛の下・頬・鼻の下・もみあげです。
輪ゴムを軽く肌にはじいた程度の痛みもあれば思わず声が出てしまったという人もいます。

 

痛みを緩和するポイントとは?

ずばり、それは保湿です

〇痛みが緩和されるわけ
VIOに関して保湿は難しいのですが、回数をこなすと無駄毛が細くなっていきます。
細くなると光を受ける量も少なくなるので痛みは感じにくくなります。
VIO以外では保湿は有効的な手段です。
十分お肌を保湿することで、肌のバリア機能も備わっているので、痛みを感じにくく肌も荒れにくいです。
肌が乾燥状態にあるということは、肌のバリア機能も低下しているということになり、この状態で施術を行っても痛みは感じやすいうえに肌トラブルも起こりやすいです。

〇保湿のいいタイミング
一番いいタイミングとしてはお風呂上がりです。
お風呂に入ると必要なうるおい成分が洗い流されてしまいます。
お風呂から上がって3分以内に保湿をすると肌のうるおいは保たれると言われています。
季節関係なくお肌は乾燥をするのでたっぷり保湿をしてあげましょう。
痛みを感じやすい肌か感じにくいかは肌のうるおい状態によっても左右されるので気を付けましょう。