宇都宮で知っておきたい口コミや評判が高評価な全身脱毛サロンはココ!

宇都宮の脱毛情報|脱毛前後のタブーとは

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/09/10
    

宇都宮の脱毛サロンで施術する場合、施術前後で何かやってはいけないことがあるのではないかと気になっていませんか。

その通りで、タブーがいくつかあります。そのことを覚えておかないと自分が大変な目に遭うかもしれません。

お酒が大好きな人は特に気を付けて

お酒が大好きで、晩酌が日課となっていませんか。宇都宮名物の餃子とお酒が欠かせないと言う人は特に注意が必要です。脱毛する前と後は、飲酒は控えてください。施術前後の両方とも控える必要があるので、よほどお酒が好きな人には厳しいかもしれません。

飲酒すると体温が上がってしまいかゆみを感じやすくなるので、施術に支障をきたす恐れがあります。肌が敏感になるので、肌トラブルが起こりやすくなるために、普段は何も起こらない人も湿疹が出るなどするかもしれません。

施術後の場合は、ただでさえ肌が乾燥する時期です。もう施術したとはいえ飲酒してしまうと、肌が乾燥してしまい、肌トラブルを起こす原因となるかもしれません。自宅での晩酌も飲み会もどちらも少し我慢しましょう。

サロンによっては、飲酒したことがわかると施術できなくなることもあります。それだけ、肌の状態が変わってしまうので仕方がありません。少しの間だけ我慢すれば良いだけですので、ムダ毛をつるつるにするためにも晩酌が欠かせない人は十分に注意してください。

施術したら入浴は控えた方が良い

毎日お風呂に入ることが当たり前となっている人が大半ではないでしょうか。湯船に浸かって体を温めたくなりますが、宇都宮に限りませんがサロンで脱毛したら入浴を控えてください。

当日であれば、まだ肌に熱が残っていますので、肌が温かくなるようなことは避けなくてはなりません。 体を清潔にする場とは言え、お風呂場には雑菌がたくさんいます。施術後のとても敏感な肌の大敵です。雑菌によって炎症を起こすなどの肌トラブルが起こりやすくなっているので入浴はあまりおすすめできません。

お風呂に入りたい人が多いでしょうから、事前に宇都宮の脱毛サロンに相談しておくと良いです。あくまでもこれは湯船に浸からない方が良いと言うことであって、シャワーだけなら問題ないはずです。

毎日、湯船に浸かっている人は習慣となっていますので、特に気を付けなくてはなりません。施術当日の湯船はタブーと言うことを忘れて入ってしまうと、肌が炎症を起こすなどして治療が必要になることも考えられます。

他にもタブーがいくつもあります

実は、脱毛に関するタブーはまだたくさんあります。事前にムダ毛を電気シェーバーを使って処理しておかなくてはなりません。剃り残しがあると、そこだけ施術できなくなります。手が届かないところやサロンによってはシェービングしてくれますので問い合わせておくと良いかもしれません。

施術当日は日焼け止めを使わないようにし、施術後は日焼け対策を万全にしてください。肌にジェルを塗って施術をするので何も付けない方が良いからです。また、脱毛の際に肌が熱を持つのでいつも以上に敏感です。日焼け対策しないと炎症を起こしかねません。

女性の場合、生理が来た際には施術を遅らせましょう。施術できないとは言い切れませんが、肌が敏感になっているので痛みが強くなるかもしれません。いつもよりも効果が薄れることも考えられるので、生理が来たら早めに連絡して予約を変えてください。施術できると言われたとしても、以上の理由からあまりおすすめできないので予約変更が良いでしょう。

 

もっと手軽な印象があったかもしれませんが、脱毛の前後でこれだけのタブーがあります。事前にスタッフから説明を受けるはずです。とても重要なことばかりなので、軽く見るのではなくきちんと守って安全に施術してください。