宇都宮で知っておきたい口コミや評判が高評価な全身脱毛サロンはココ!

脱毛前後にアルコールを控える理由とは?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/24
    

肌への負担も少ない施術法として人気の光脱毛ですが、施術を受けるにあたって「施術前後にお酒を飲んでも良いのか」という点が気になる人もいるかもしれません。アルコールの関係性、そして施術前後にお酒を飲んでも問題ないのかなどをまとめてみました。

施術前に飲酒するのはマナー的にもNG

脱毛にはいくつかの施術法がありますが、宇都宮市内にあるサロンのほとんどが「光脱毛」を採用しています。この施術法は肌へのダメージも少なく安心して受けられる方法ですが、お酒を飲んだ状態だと通常時と比べると肌の状態が変わり、光を肌に当てたことでトラブルが起こる可能性が高まります。

また、うなじや背中といった部位の施術を受けるという場合、施術用のベッドにうつぶせになる体勢をしなければいけません。お酒を飲んだ後、長時間にわたりうつぶせの状態でいると気持ちが悪くなってしまう危険性もあるでしょう。

お酒の臭いをプンプンさせてサロンに来店することは、施術をおこなうスタッフを不快な気持ちにさせてしまい、社会のルールとしてもマナー違反と言えます。気持ちよく施術を受けるためにも、また万全な体調で施術を受けるためにも施術前の飲酒は控えることが必要です。

施術後は問題ないように感じても控える必要がある

施術前だけでなく施術後のアルコール摂取も控えるよう、指導するサロンが宇都宮市内では大半です。光脱毛は毛根部分にあるメラニンという黒い色素に光の熱エネルギーを集中させ、熱によるダメージで毛根の機能を弱め無駄毛を処理します。肌へのダメージは少ない脱毛法ですが術後は肌に熱がこもりやすくなっていて、その期間にお酒を飲んでしまうと肌の赤みや炎症といったトラブルが起こりやすくなります。

お酒を飲むと血流が良くなり、いつも以上に炎症が起こりやすい肌状態となってしまうため、光脱毛後の飲酒を控えることが肌トラブルを予防することに繋がるのです。飲酒したことで施術部位が炎症を起こし、皮膚科の治療が必要となるケースもあるので、術後の飲酒はしないよう注意が必要です。

もしものときの対処法をチェックしよう

宇都宮市内のサロンで光脱毛を受ける前後は、お酒を飲むことはNGと分かっていても外せない飲み会などがあり、飲酒しなければいけない状況になることもあるかもしれません。できることなら施術の前日と当日にある飲み会はキャンセルしたほうが良いですが、もし外せない場合はノンアルコールのものや、お茶などのソフトドリンクを選ぶといった対処が必要です。

お酒がとても好きで飲み会に入ったらアルコールを飲んでしまうかも・・という不安がある場合は、サロンにキャンセルの連絡をして施術を他の日時に変えてもらいましょう。万が一、施術前にうっかりお酒を飲んでしまった場合は、そのことをサロン側に伝えてスタッフの指示に従います。お酒を飲んでしまったことを隠して施術を受け、肌トラブルが起こってしまった場合、のちのちトラブルになる危険性があるためです。

 

宇都宮市内のサロンで光脱毛を受ける前は、思わぬトラブルを避けるためにも、またマナーとしてもお酒を飲むのはNGです。また、施術前だけでなく施術後も飲酒すると血行が良くなり、肌が赤くなるなどのトラブルが起きやすくなるため、アルコールの摂取は控える必要があります。

もし、施術前後にお酒を飲む機会がある場合は、施術をキャンセルするなどの対処をするようにしましょう。施術を受ける前にうっかりお酒を口にしてしまったら、そのことは隠さずにスタッフに伝えることが、トラブルの回避に繋がります。