宇都宮で知っておきたい口コミや評判が高評価な全身脱毛サロンはココ!

脱毛中にカミソリを使用することは可能?

    

脱毛サロンで施術を受ける人は、前日までに無駄毛の自己処理をする必要があります。

自己処理をする時カミソリを使えるのか、毛抜きは使えるのか、はたまたシェービングしてもらえないのかなど、ここで気になる内容をチェックしましょう。

 

 

 

 

施術前日までに自己処理が必要

宇都宮にも大手脱毛サロンが続々オープンしており、それぞれ独自のサービスを打ち出しています。

医療用レーザーとは違い、ジェルに含まれる制毛成分による効果にて、ムダ毛の生成を抑えるマシンもあれば、メラニン色素に反応する光を照射するマシンまでが導入されています。

毛根ではなく、毛乳頭にまで熱を伝えることで生成を抑えるマシンが一般的に導入されています。

光によって、毛母細胞であったり毛乳頭のタンパク質が熱変性を起こし、徐々にではあるものの、自己処理が不要となる生えない状態に導きます。

ここで注意したいのは、ムダ毛が生えている状態では施術ができないということです。

事前に自己処理が必要になります。

というのは、ムダ毛が伸びたまま照射しようにも、毛根や毛乳頭に熱エネルギーである光がしっかり届かない、伝わらないので、せっかくの効果が半減してしまうからです。

サロンで導入するマシンは、先に述べたようにメラニン色素に反応するので、奥ではなく表面だけに伝わってしまうようです。

また、光も広範囲に反応してしまうため、熱エネルギーによる皮膚の赤み、ヤケドのような炎症を起こす可能性もあるので、必ず施術前々日までに剃ることが必要になっています。

 

毛周期の関係からもカミソリは使わない

事前に自己処理をしたとして、1回の施術ですべてが抜け落ちて、ムダ毛が生えなくなるケースはほとんどありません。

これは毛周期が深く関与していますが、6回程度の施術で効果を実感できるようです。

照射して、生やし、また照射を繰り返し行います。

そこで気にかかるのが、「脱毛中にカミソリを使用する」自己処理についてでしょう。

もちろん、結論から述べれば、カミソリを使用するのは避けましょう。

施術をしない部位であれば、いくらでもカミソリを使うことは大丈夫ですが、施術をしている部位の使用は基本不可とされています。

どうしても毛周期の関係上、ムダ毛が再生されてしまいますから、いたたまれなくて剃ることもあるでしょう。

特に、毛抜きで引っこ抜く行為は、毛周期にバラつきが生じやすくなるので避けましょう。

カミソリを使ってしまい、万が一剃り残しが出てしまえば、その部位を避けて施術をしたり、その時だけ行わない場合もあるようです。

手が届きにくい部位は、サロンでシェービングをお願いするほうが安心です。

 

肌トラブルを避けるために不可となる

脱毛中の自己処理を間違えた方法で行ってしまい肌トラブルを起こす実例もあります。

先に述べたように、せっかくの効果が半減します。

サロンが推奨している自己処理では、肌を傷つけにくい電気シェーバーを用いる方法が上げられています。

カミソリがなぜ不可なのかといえば、カミソリ負けによって肌が炎症を起こすことや、切り傷をつけてしまう可能性もあるからです。

ムダ毛が皮膚の中に埋もれてしまうことも避けなければならず、カミソリでは処理後の皮膚も乾燥しがちで、処理後の肌も敏感ですから注意が必要なのです。

宇都宮にもシェービングサービスを打ち出しているサロンがあります。

ただし、無料と有料で行っているところ、断るところなど、その対応に違いもあります。

剃り残した部位を避けて照射したり、一度生え揃うまで待つこともあるようです。

ですから、やはりカミソリを使わずにスタッフの指示を受けて、適した回数の施術に臨みましょう。

 

宇都宮にも脱毛サロンにて、ムダ毛を生やさない施術が受けられます。

家庭用と違い仕上がりも、効果の出方も早く人気です。

しかし、施術中にはカミソリを使うことは避けるべきで、肌トラブルや不要な回数をこなさなければならないことになるため、気をつけましょう。