宇都宮で知っておきたい口コミや評判が高評価な全身脱毛サロンはココ!

宇都宮で脱毛の施術できないケースってあるの?

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/11/01
    


宇都宮のクリニックには、脱毛ができない条件が存在しています。利用する側にとってはクリニックに出かけたのに施術を受けられないのは残念な事です。そこで、ここからはどんな場合に断られるのか詳しく説明していきます。

きちんと自己処理されていない場合

宇都宮の脱毛クリニックでは、ムダ毛を処理したい場所に剃り残しがある場合は施術を受けることができません。そもそもレーザーや光脱毛は、毛のメラニン色素にだけ反応するレーザーや光を照射する施術のことです。ちゃんと自己処理をせずに毛が長い状態のままだと、毛根にレーザーがきちんと届かなくなってしまいます。その結果、あまり脱毛効果を得られなくなってしまうのです。

その他にも、レーザーや光が散乱して照射されるので火傷などの肌トラブルが生じることもあります。よって、安全にそして確実に効果を得るためには、施術前に剃り残しがないように自己処理することが大切です。

もしも自己処理を忘れた場合、直前に処理を行えばいいと思っている人は多いです。しかし、直前に処理をすると、ムダ毛が皮膚の中に埋もれるために同じく十分な効果を期待できません。ちゃんと効果を得るには、およそ1、2mmの毛が伸びている状態がベストです。したがって、宇都宮のクリニックで施術を受ける数日前にシェービングすると良いでしょう。

肌が極度に乾燥している場合も受けられない

肌がかなり乾燥している場合も施術を受けられません。施術当日に乾燥で粉を吹いているような状態だと、宇都宮のクリニックのほとんどは施術を断っています。そもそも光脱毛やレーザー脱毛は、メラニン色素に反応する熱を照射する施術です。すなわち、肌の水分が不足して乾燥が目立っていると免疫力が下がり、通常よりも外部からの刺激に反応しやすくなります。よって、レーザーを照射した時に痛みや熱さをより強く感じる可能性が高くなります。

また、脱毛の効果自体もあまり得られなくなってしまうものです。そのため、安全にムダ毛のお手入れをするには時間をかけて毎日、保湿ケアを行うことが大事です。 特に気温が急激に下がる冬場は、かなり肌が乾燥しやすくなります。その他にも、敏感肌や乾燥肌の人も乾燥が目立つことでしょう。したがって、クリニックできれいにムダ毛を処理したいならば、面倒くさがらずにボディークリームやミルクを使ってしっかり保湿ケアをすることが肝心です。

お手入れしたい場所に傷がある場合

宇都宮のクリニックでは、傷跡がある部分には脱毛処理を行うことができません。自分でカミソリなどでムダ毛のお手入れをすると、誤って皮膚を切ってしまうことがあります。その際にできた傷がある場合は、レーザーの照射ができないということです。

その理由は、皮膚に色素が沈着してしまうからです。通常、皮膚に傷ができると、肌の防御反応としてその個所を中心にメラニン色素が大量に生成されます。メラニン色素がたくさん分泌されると、色素が沈着してしまいます。色素沈着は肌の新陳代謝によって徐々に消えていくものですが、あまりに分泌量が多いとそのまま残ってしまうこともあります。

クリニックで導入されているレーザー脱毛では、黒い色に反応するレーザーを照射しています。すなわち、傷跡が残っている部分にレーザーが反応するために火傷が起こる可能性があります。安全に脱毛ができないので断られることになります。 ほとんどのクリニックでは傷をシールで隠すなどで対応してくれるので、事前に相談してみると良いでしょう。

 

肌が極度に乾燥していたり、傷や剃り残しがある場合、宇都宮のクリニックでは施術を受けられません。クリニック側にとって、お客さんが安全にムダ毛のケアができるように必要な処置といえます。よって、断られないように保湿ケアや自己処理をきちんとすることが大事です。