宇都宮で知っておきたい口コミや評判が高評価な全身脱毛サロンはココ!

脱毛後の毛嚢炎を防ぐ方法を解説!

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/02/05
    

自分でムダ毛を脱毛した後に、毛嚢炎になったことがある人はとても多いかもしれません。安易に考えて自分で処理をしてしまう人が多いですが、決しておすすめできることではないため慎重におこなう必要があります。敏感肌の人であれば人一倍、ムダ毛の自己処理には慎重にならなくてはいけないので、どうすれば良いのかを解説していきます。

メカニズムを知っておくことが大事

そもそもなぜ、ムダ毛を脱毛した後に毛嚢炎になることがあるのかを知っていれば、自分が何をすれば良いのかを理解しやすいです。これは、毛穴の奥にある毛包が炎症を起こした状態のことを言います。

なぜ、毛穴の奥にある毛包が炎症を起こすのかと言えば、ムダ毛を抜いたことで毛穴の奥まで雑菌が入りやすくなってしまうからです。体毛には毛周期があり、何もしなくてもムダ毛は自然に抜け落ちますが、それを無視してムダ毛を抜いているので大きなダメージとなっています。大きなダメージを受けてしまった肌は、とてもデリケートな状態になっていますので、雑菌が毛穴に入ってしまうと炎症を起こしやすいので気をつけなくてはなりません。

美容クリニックやエステサロンなどで施術を受ける場合はこの点に気をつけていますので、炎症を起こす可能性が低いといえます。このことを理解していれば、アフターケアまでしっかりと行い、自己処理であっても問題が起こらなくて済みます。

不潔な状態でおこなわないようにしましょう

自分でムダ毛を処理するときは自分が持っている道具を使うことになります。お手入れのための道具は、きちんと清潔さをキープしているでしょうか。もしも不潔な状態でムダ毛を抜いてしまうと、そこから毛穴に雑菌が入ってしまい炎症を起こしやすくなります。使用する道具は事前に取扱説明書などをよく読んだ上で清潔な状態にしておきましょう。

また、お手入れに毛抜きを使う人もいますが、毛抜きはダメージがとても大きくなる恐れがありますので、できるだけ毛抜きは使わないようにしてください。多くの人がカミソリやシェーバーを使用していますが、カミソリを使う際には深く剃ろうとして毛の生えている方向と逆から剃ってしまうと肌を傷つける原因となります。肌に直接当たる部分は必ず清潔にし、大切な肌をいたわるようにしてお手入れしましょう。

自己処理の際にもアフターケアをしよう

毛周期を無視してムダ毛を抜いていますから、肌は大きなダメージを受けていますのでとてもデリケートな状態になっています。この状態を少しでも早く正常な状態へ戻すためにも、自己処理の後には必ずアフターケアをおこなってください。

美容クリニックなどで施術をした後にも必ずアフターケアをおこなっていますので、とても大事なことです。どんなことをするかというと、美容クリニックなどでは特殊な光を使って施術しているので冷却ジェルを使うことが多くなっています。

自宅でアフターケアを行う際には、刺激の少ない化粧水やボディーローションを脱毛した場所に塗ってください。保湿することで肌を早く正常な状態に戻すことができますので、必ず保湿してください。冷蔵庫などで冷やしてから使用すれば毛穴がキュッと締まるのでより毛嚢炎になりにくくなるでしょう。

 

ムダ毛を自分で処理している人がとても多いですが、正しく自己処理しないと処理した場所が炎症を起こしてしまいます。毛嚢炎にならないようにするためには、使用する道具を清潔な状態にしておくことと、アフターケアを行うことが大切です。この手間をかけるかかけないかで脱毛後に毛嚢炎に確率が大きく変わってくるため、必ず両方とも行いましょう。