宇都宮で知っておきたい口コミや評判が高評価な全身脱毛サロンはココ!

脱毛後の運動はいつからできるの?

    

 

サロンもしくはクリニックでは、脱毛処理直後の運動に関しては控えるようにと案内されることがあります。

通常ならば、バランスのとれたエクササイズで汗をかき、血流を促進することは健康に良いことで、エクササイズによって素肌の代謝活動が活動的になれば、美肌の面から見て望ましい効果をもたらします。

しかしながら、処理直後の素肌にとって、エクササイズは反って肌に悪影響を及ぼす危険なものになってしまうのです。

血の巡りが促進されることはマイナスになります

処理直後の肌は表面からきちんと冷却したとしても、依然として内に熱がこもっている状況で、赤み並びにかゆみなど、非常に軽い火傷の特有の症状がでていることもあり得ます。

このタイミングで体を動かすと、血の巡りが促されて体温がアップするため、 火傷の患部を熱してしまい炎症を酷くさせる恐れがあります。

加えて、血の巡りが促されることによって毛細血管そのものが拡張すると、より一層のかゆみがもたらされるケースがあります。

処理直後の肌は、きちんと冷却し、外からも内からも、温めないように気を付ける必要があります。

汗がでることで肌に悪影響を与えます

体を動かすことによって発汗すると、肌の表面に細菌が繁殖し易い状況になる上に、毛穴が開くことから、細菌が毛穴へと入り込み易くなり、皮膚炎がもたらされることがあります。

とりわけ、毛嚢炎と言われているニキビの様なブツブツした炎症が生じやすく、処理直後の素肌についてはバリア機能が活動的でなくなっているため、そうした肌の問題が発生し易いといえます。

常々より汗が出やすい方は、とりわけ留意が必要です。

汗をかいたらそのままの状態で放置しないで、まめにやさしくふき取るように意識し、 一日の最後にはシャワーなどで洗い流して素肌を綺麗にしておくことが大事になります。

処理後及び処理前の注意すべき点について

脱毛処理期間中のエクササイズには気をつける必要がありますが、体を動かすことをまったくしてはいけないことを意味しているのではありません。

処理後、いつまで体を動かすことを控えればよいかを理解することが重要で、処理後3日ほどは、自覚が無くても素肌の内に熱がこもっていると考慮して、素肌の状態を確認しておいたほうが良いといえます。

処理の翌日以後も赤みが残存しているようであれば、その期間は体温を上げすぎないよう、汗をかかない生活を心がけましょう。

なお、赤みやかゆみもないのであれば、そのタイミングでは問題がないと言えるため、肌の状況やコンディションを見て結論付けるようにしましょう。

処理直後は当然ですが、実のところ処理直前のエクササイズについても、処理後の肌の問題に結び付く可能性があることから、差し控えたほうがよいとされています。

体を動かすことによって熱がこもった状況の下でケアを受けると、処理後に冷やしても火照りがおさまらず、炎症の誘因となるケースも考えられます。

過去にケア後の赤みが残りやすいと感じた人は特に処理直前のエクササイズにも留意しておきましょう。

 

脱毛処理を行なってからすぐは、とりわけ身体の中が火照っている状況なので、処理当日は、とりわけ注意して体温をアップさせないよう取り組まなくてはなりません

それ以降は自分自身のコンディションと肌の状況を見ながら、どうするべきかを判断することが重要になります。

処理を行ってから赤みが引かなかったりかゆみが出る等の特有の症状があるケースでは、処理の次の日以降もスポーツは避けるのが最適です。

仮に特有の症状が長期にわたって持続する場合や、スポーツを行なって肌の問題が生じた場合は、早いうちに医療機関で診てもらって、早期改善できるよう医者に相談することが重要になります。