宇都宮で知っておきたい口コミや評判が高評価な全身脱毛サロンはココ!

脱毛後のかゆみの対策を知ろう

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/01/29
    

ムダ毛を綺麗にしてもらおうと脱毛の施術を受ける人は増えていますが、施術を受けた後にかゆみを感じる人は珍しくありません。

かゆいからと言ってかきむしってしまうと新たなトラブルの原因となってしまうこともあるので、十分気をつけましょう。

もし万が一、かゆみが出たときにも落ち着いて対処するために、その原因さらにかゆみが出たときの対処法を知っておきましょう。

 

そもそもなぜかゆみが起きてしまうのでしょうか

クリニックやサロンで脱毛の施術を受ける際、光やレーザーを照射する方法がとられていますが、その処理を受けると肌にはどうしてもダメージが与えられます。

脱毛処理をした後の肌は見た目にはほとんど違和感がなくても、実は少しだけ軽いやけどをしたような状態になっています。

この状態の肌は非常にデリケートになっているだけでなく、肌の保湿機能も低下してしまっています。

つまり肌が乾燥してしまっているので、少し刺激を受けただけでもかゆみを感じてしまうというわけです。

また、かゆみを感じた後に血行を良くしてしまうと、よりかゆくなってしまうので注意しましょう。

 

まずは施術後は体を温めないようにしましょう

施術を受けた後はしっかりと肌を冷やしておくことが基本ですが、できれば体を温め過ぎないということにも気を配ると良いでしょう。

脱毛の施術を受けた後は、どうしても肌に熱がこもっている状態になっているので、そこで体を温めるとより肌の熱が上がってしまうからです。

肌の熱が上がると、結果的には肌の乾燥につながり、少しだけ違和感を覚えたり、チクチクしたり我慢できなくらいかゆくなってしまうことにもつながります。

一度その状態になってしまうとなかなかかゆみが収まらずに時間がかかってしまうので、我慢できずに掻いてしまったりすることも珍しくありません。

かくとそのときはだけは快適ですが、肌に傷ができてしまうだけでなく、そこから雑菌が入ってトラブルが引きこされる可能性も出てきます。

したがって、なるべく施術後は体を温めないようにすることが、かゆみ対策の基本だということを知っておきましょう。

 

汗にも注意して過ごすことをおすすめします

血行が良くなるとどうしてもかゆみにつながりやすいので、体を温めないことは非常に重要になってきます。

また運動もできるだけ控え、なるべく体を温めないようにすることが脱毛の施術を受けた後のポイントです。

また体を温めるだけでなく、実は汗にも十分気をつけなければならないということをご存知ですか。

汗自体は体温野調節をするためにも必要なものですが、実は蒸発するときに肌の水分も一緒に奪ってしまいます。

つまり、肌の水分量を減らしてしまい、結果的には肌の乾燥をより悪化させてしまうというわけです。

だから、汗をなるべくかかないように注意すること、さらにもし汗をかいてしまったらそのままにせず、優しくタオルで拭き取っておきましょう。

またこのときにタオルでゴシゴシとこすってしまうと肌の表面に傷ができてしまうこともあるので、タオルで上から押さえるようにして汗を取り除きます。

 

脱毛の施術後のかゆみは、肌の乾燥によって引き起こされてしまうので乾燥対策をしっかりと行うべきです。

体を温め過ぎず、汗をかいたらしっかりと拭き取ること、そして保湿剤を利用して肌の状態を整えておきます。

とはいえ、注意していてもどうしてもかゆくなってしまうこともないというわけではありません。

もしかゆくてしょうがない状態になったら、かきむしるのではなくかゆみを感じている部位をまずは冷やし、さらに保湿をよりしっかりとしてみましょう。

それでも良くならない場合や、肌に炎症が起きているなどの異常があると感じた場合は、すぐに施術を受けた施設に連絡をして診てもらいましょう。

早い段階で正しい対処をすることによって、トラブルの拡大を防ぐだけでなく、気になるかゆみも早く治りやすくなるからです。