宇都宮で知っておきたい口コミや評判が高評価な全身脱毛サロンはココ!

脱毛効果にも影響あり?正しいアフターケアとは

    

脱毛効果にも影響あり?正しいアフターケアとは

これから本格的な夏に向けて、ボディケアをしているという人も増えてきています。
その中でもこれから特に人気が出てくるのが脱毛です。
今まで自己処理をして肌が荒れてしまったり、ひりひり感が不快だったという人はいませんか?
自己処理は一番簡単にできるムダ毛の処理方法ですが、肌を傷つけてしまうということであまりお勧めできません。
やり方によっては皮膚科へ受診しなくてはいけなくなることもあるので、肌が特に弱いという人は気を付けなければいけません。
自己処理をしていたという人や、サロンで脱毛をしていたという人はアフターケアをしっかりと行っていますか?
アフターケアをしっかりすると、その後ムダ毛が抜けやすくなったり、肌も荒れにくくなります。
更に次の脱毛も効果的に行うことが出来ます。
では、その正しいアフターケアとはどんな方法があるのでしょうか?

 

脱毛をした日に気を付けたいこと

脱毛をした日に気を付けなければいけないことがあります。
★まず1つ目は保湿です。
脱毛をすると光を当てたことで肌に熱がこもってしまい乾燥します。
乾燥してしまうとムダ毛が抜けにくくなり、脱毛効果も半減してしまいます。
施術をした後に肌が荒れやすくなってしまい、シミや色素沈着やシミの原因となってしまいます。
脱毛をしたらたっぷり潤いを与えるようにして、肌のバリア機能を保つようにしましょう。

★2つ目は脱毛をした当日はいくつか禁止事項があります。
入浴・運動・サウナや飲酒です。
血液が促進されると炎症が起こりやすくなってしまいます。
脱毛をすると肌が敏感な状態です。
入浴ではなくシャワーだけに済ませて、運動やサウナに飲酒は脱毛をした翌日から始めるといいでしょう。

★3つ目は日焼けです。
日焼けとは軽いやけど状態です。
光脱毛をした後に火傷をすると肌が荒れやすくなってしまいます。
脱毛前に日焼けをする事もお勧めできません。
日焼けをするとメラノサイトは増えます。
光脱毛はムダ毛の色素に反応し、ムダ毛にしっかりと光を当てることで成長をストップさせて抜けやすくします。
肌も日焼けしてしまうと肌にまで光が当たってしまい、痛みが強くなります。
脱毛を契約している間は日焼けには十分気を付けましょう。

★4つ目はもし脱毛をして当日家に帰ったらひりひり感があった場合です。
サロンでは回数を重ねるごとに照射出力を上げていきます。
今までは何にもなかった人でも出力を上げることでひりひり感を感じやすくなってしまいます。
もしひりひりしてしまったり、かゆみが出たら、絶対肌を掻いてはいけません。
その時は肌をしっかりと冷やすことで落ち着くと言われています。
ただしよく冷やしでもひりひり感やかゆみが落ち着かないという人は、サロンへ連絡して皮膚科へ受診するようにしましょう。

 

アフターケア次第で綺麗な肌をつくれます

脱毛をした後、多くのサロンではアフターケアの方法や注意事項を説明します。
脱毛をした後はとてもデリケートです。

・ひりひりしていないから大丈夫だと思って入浴や飲酒した後、かゆみが現れてしまったという話はよくあります。
アフターケアをしっかり行わないと、その後、肌トラブルに繋がってしまうのです。
脱毛をしたら必ず保湿をしっかりと行う事、入浴ではなくシャワーにし、血行を促進させる運動やサウナ、飲酒は翌日から行いましょう。

・脱毛前に薬を飲んでしまった場合、火傷をしてしまいます。
その後も痛みが続くこともあるので、脱毛をする日は薬を飲むのをやめましょう。

・どうしても体調が悪いという人はサロンへ連絡をして、予約を変更してもらうようにしてください。

脱毛はこれからの時期、どんどん需要も高まります。
肌荒れを防ぎながら脱毛をしたいなら、サロンから言われたアフターケア内容をしっかりと守りましょう。